有限会社三協システム




サイト内検索



通信機器TIPS 光ネクスト使用時のボイスワープについてアナログタイプを利用した時は追加番号をいれると不便です。




NTT光ネクストサービスにおいてボイスワープの使用に注意点があります。

以前の光プレミアムのさいは142にダイヤルし、自局の番号を入力して操作していましたが光ネクストでは発番号を読み取る方式に変わっています。

デジタル回線仕様のボイプアダプタでしたら、発IDを設定することで便利に使えますがアナログ回線仕様の場合は少し勝手がかわります。


アナログ方式では発番号はアダプタの設定で決まっている為、どのポートにも発番号を設定していない番号からはボイスワープの操作ができません。


この場合はリモートによる操作となり、非常に面倒です。

追加番号が多い場合は問題がなければオフィスタイプのひかり電話を使用し、デジタル回線タイプのアダプタを使うほうが良いでしょう。
目次へ戻る





ウィルス対策してますか?


ウィルス対策って必要? ウィルス対策は大丈夫ですか?
パソコンとネットがビジネスに欠かせなくなった今、対策はとっていますか?

「取られて困る情報は入ってないから大丈夫」
「今までウィルスにかかったことがない]
それって本当に大丈夫ですか?







Google+ページ




FaceBookページ







Copyright (C)SANKYO-SYSTEM All Rights Reserved.